舌痛症 歯周病

スポンサードリンク

舌痛症と歯周病の関係性については

舌痛症というのは原因不明の舌の痛みを指すもので、歯周病とは異なります。
歯周病が起こっているせいで痛みが舌にも感じられるという可能性はなくはな
いでますが、その場合は歯科で検診して歯周病が起こっているかどうかを検査
すれば容易にわかりますので、舌痛症とは診断されません。

 

歯周病の他にも口腔内に真菌などが繁殖してしまう病気などもありますが、
それは口腔内灼熱症候群(バーニングマウス症候群)言われ、また別の病気に
なります。

 

症状としては同じようなものが多く、口の中がヒリヒリする、ピリピリとした
痛みがあって気になる、カーッと熱くなったような感じがするなど、気になる
異常な感覚が連日繰り返すというとてもやっかいなものです。

 

歯周病の場合、歯茎から出血したり、歯茎がむず痒いような痛みを感じます。
赤く腫れていたりもしますが、こちらは主に歯茎の病気で舌の病気ではありません。

 

舌の症状としては舌苔というものもありますが、これは口の中で剥がれた粘膜
が舌に張り付き、そこで細菌が繁殖した状態です。
唾液の分泌が少なくなった高齢者などには起こりやすい現象ですね。

 

舌痛症は、精神的な要因まで疑われるほど多岐に渡る原因が疑われる難し病気
です。

 

専門に治せる医師も少なく、なってしまうと苦しい状況ですね。
まずは歯周病やその他の口腔内の病気と区別をつけるためにも歯科を受診する
のが正解です。

 

どうしても明らかにならない時には、専門的な医療機関を紹介してもらうよう
にしましょう。

 

スポンサードリンク

舌痛症と歯周病は関連性を疑ってみたが関連ページ

金属アレルギー
舌痛症で金属アレルギーが関連していると疑う専門かもいますが、原因がいまだにはっきりしていないのが現状です。
舌のしびれ
舌がしびれる症状は舌痛症や神経筋疾患が疑われます。他の原因でも舌がしびれる場合もあります。虫歯や歯肉炎だったり、口内炎などが挙げられます。
舌のおでき
舌痛症で舌におできができる人もおりますが、舌に口内炎と同じものができると考えたらかなり痛いと思います。心配でしたら先ずは口腔外科で診察をうけましょう。
味覚障害
舌痛症で味覚障害の症状が起きるケースもあります。どんなときに発症するのか、また予防方法などについても解説しています。
舌痛症の違和感
舌痛症で違和感の感じ方などは人により様々です。特に舌先にヒリヒリ、チクチクした感じの症状が多いようです。
栄養不足
舌痛症は栄養不足が原因でも発症するかについて解説しています。
中年女性
舌痛症は女性の中でも中高年に多くなっています。いまだに何故、発症するかは不明な点も多くあります。
心身の疲労
舌痛症の原因に心身の疲労が関係しているというケースもあります。 すべての舌痛症が同じではありませんが、気分が落ち込んだり睡眠障害などが併発している場合には、自律神経の失調を疑う必要もあります。
舌咽神経痛
舌痛症と舌咽神経痛はどちらも確定的な原因はわかっていませんが、舌咽神経痛は脳神経の機能不全です。 激しい痛みの断続的な発作が起こり、手術が必要となるケースも多い病気です。