舌痛症と舌咽神経痛

スポンサードリンク

舌咽神経痛と異なる点とは

舌痛症舌咽神経痛の違いとは、痛みを感じる経路に
大きな違いがあります。

 

どちらも確定的な病気の原因はわかっていませんが、
舌痛症は主に舌がピリピリとした火傷のような痛み、
舌咽神経痛は扁桃の近くや喉の奥、場合によっては
耳の一部に激痛の発作が起こる病気です。

 

舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう)は脳神経の機能不全
と言われていて、舌から脳へ信号を送る第9脳神経=
舌咽神経が異常を起こしている状態だと言われています。

 

ケースとしては、動脈の位置が異常な位置にあり、
舌咽神経を圧迫していたという事例もあります。
発作は激しい痛みで、短い期間に繰り返し起こります。

 

舌の片側であったり、のどの片側、どちらかの耳の中に痛みを
感じることが多く、のどに局所麻酔をかけることで痛みが
治まります。

 

場合によっては手術が必要になることもありますが、
非常に稀な病気で40歳を過ぎた男性に症例が
多い病気です。
脳や首の腫瘍が動脈位置を異常にすることが原因の
場合もあるようです。

 

舌痛症は、常にピリピリとした痛みが舌全体に起こる
症状ですが、舌咽神経痛のような激痛の発作が断続的に
起こるようなものではありません。

 

何かに集中していたり、食事をしていたりする時には痛みを
忘れているのが普通で、夜も寝ることが出来ます。

 

舌咽神経痛の痛みは耐え難い痛みで、トリガーとしては
飲食や咳込み、くしゃみ、会話などの動作から急な発作
となるのが一般的な事例です。

 

心拍が遅くなったり一時的に停止する場合もあるため、
かなり注意が必要です。

スポンサードリンク

舌痛症と舌咽神経痛の違いとは関連ページ

金属アレルギー
舌痛症で金属アレルギーが関連していると疑う専門かもいますが、原因がいまだにはっきりしていないのが現状です。
舌のしびれ
舌がしびれる症状は舌痛症や神経筋疾患が疑われます。他の原因でも舌がしびれる場合もあります。虫歯や歯肉炎だったり、口内炎などが挙げられます。
舌のおでき
舌痛症で舌におできができる人もおりますが、舌に口内炎と同じものができると考えたらかなり痛いと思います。心配でしたら先ずは口腔外科で診察をうけましょう。
味覚障害
舌痛症で味覚障害の症状が起きるケースもあります。どんなときに発症するのか、また予防方法などについても解説しています。
舌痛症の違和感
舌痛症で違和感の感じ方などは人により様々です。特に舌先にヒリヒリ、チクチクした感じの症状が多いようです。
歯周病
舌痛症と歯周病は関連性があるかについてはどうなのでしようか?舌痛症も原因がはっきりしないこともあります。専門医も少ないのが現状です。
栄養不足
舌痛症は栄養不足が原因でも発症するかについて解説しています。
中年女性
舌痛症は女性の中でも中高年に多くなっています。いまだに何故、発症するかは不明な点も多くあります。
心身の疲労
舌痛症の原因に心身の疲労が関係しているというケースもあります。 すべての舌痛症が同じではありませんが、気分が落ち込んだり睡眠障害などが併発している場合には、自律神経の失調を疑う必要もあります。