舌痛症とドライマウスの違い

スポンサードリンク

舌痛症と違うドライマウスの症状とは

舌痛症と合わせて診断される病気の中に、ドライマウスがあります。
これは口腔乾燥症という病気で、いくつか特徴的な症状があります。

 

口の中が乾いた状態が3ヶ月以上続いていて、食べ物を飲み込みにくいため
水と一緒でなければ飲み込めないような状態です。
いつも水を必要として、夜中にも喉がかわくために目が覚めてしまうこともあ
ります。

 

口の中がいつもネバついていて、自分でしゃべりにくかったり、口臭が気に
なったりすることも多いでしょう。
顎の下が腫れるといった症状も出てくる場合があります。

 

口の中は唾液によっていつでも清潔に保たれていて、適度に湿っているのが正
常な状態です。
例えば、アレルギー性鼻炎を抑える薬などを飲んでいて、その副作用で口の中
がカラカラに乾いてしまう場合がありますが、これは原因が特定出来るものです。

 

精神的なストレスが引き金になる場合もありますし、無意識のうちに口を開
けっ放しにしている場合もあります。
朝起きると口の中が乾いているのは、寝ている間に口で呼吸をしている可能性
が高いでしょう。

 

ものをよく噛んで食べることを怠っていてもドライマウスにはなりやすくなり
ます。
咀嚼は唾液を生み出す機能を高める運動になりますので、きちんと噛んで食べ
ましょう。
ドライマウスの予防には、キシリトール系のガムを噛んでおくのも良い方法です。
顎をよく使って唾液を出していれば、ドライマウスにはならずにすみます。

 

耳の下の耳下腺という部分を刺激すると唾液が分泌されやすいので、そこを
マッサージしても良いですね。

スポンサードリンク

舌痛症と合わせたドライマウスの症状関連ページ

舌痛症と口腔乾燥症には関連性があるのか
口腔乾燥症はいわゆるドライマウスですが、唾液の分泌量が著しく減っているのが原因です。 刺激を感じるのは舌痛症と似ていますが舌痛症は唾液量が減るような事は無く、別の症状として捉えられています。
本態性舌痛症
舌痛症は、引き起こす要因となるものはいくつかありますが、最も多いのが「本態性舌痛症」というもので、どんな検査を行ってもまったく原因が見当たらないという判断の難しい症状になります。
口腔カンジダ症
原因がはっきりわかる舌痛症もあり、「口腔カンジダ症」というのがそのひとつです。 口の中で真菌であるカンジダが繁殖することで起こる病気で、舌に白苔があったり、赤くなってデコボコが消える場合もあります。
ホルモンバランス
舌痛症が女性ホルモンバランスの乱れに原因があるのではないかという見方もあります。 ただし、精神的なストレスやそれ以外の要因もかなり複雑に関係していて、改善や治療に答えが出ているわけではありません。
診断された時
舌痛症と診断されたら、少しでも詳しい病院を探して、原因療法は難しくても症状を軽くするための治療を受けるという選択肢しかなさそうです。 慢性的な痛みをゼロにすることは難しいとされています。
口腔乾燥症との関連性
口腔乾燥症はいわゆるドライマウスですが、唾液の分泌量が著しく減っているのが原因です。 刺激を感じるのは舌痛症と似ていますが舌痛症は唾液量が減るような事は無く、別の症状として捉えられています。