舌痛症の病院の専門科とは

スポンサードリンク

舌痛症の病院での専門科とは

舌痛症を治療出来る病院もインターネット上から検索出来るようになりましたね。

 

まだまだ数は少ないようですが、日本全国に頼れる専門医がいてくれるのは頼もしい
限りです。

 

口腔歯科や口腔内科、口腔外科などが主な専門科です。

 

昔は歯科、口腔外科、耳鼻科、内科、消化器科などをたらい回しにされ、どこ
に行っても異常はないから心配ない、気のせいだと言われ続けたわけですから
随分進歩しましたね。

 

ただ、それだけ多くの舌痛を訴える人が増えたわけですから、少々問題でも
あります。

 

ただ、舌痛症は非常に治しにくい病気であることは間違いありませんので、
きちんとした専門知識を持つ病院へかかりたいものです。

 

舌痛症は歯科治療を受けた後で発症するケースが多いので、当然最初はその
治療をした歯科へ行くと思うのですが、目視検査をして異常なしと言い切られ
てしまうケースも考えられますね。

 

ある歯科医師は、「舌痛症の治療に関しては口腔の解剖・生理学的特徴に精通し
ていなければ、正常な状態がどういうものかも病的な状態がどういうものかも
わからず、どうやったら治るのか知りようもない」とコメントしています。

 

消炎鎮痛剤や口内炎用の軟膏などを気休めで処方されても意味はありませんし
すべてを精神的なものとして片付けられても困ります。

 

しかるべきカウンセリングとしかるべき検査を行なって、血液検査なども踏まえた
上で治療方針を決める正しい病院を探しましょう。

スポンサードリンク

舌痛症の専門病院について関連ページ

治 療
舌痛症の治療は一人ごとに合わせて専門家が判断して治療をしていきます。物理的な要因は早めに改善が可能ですが、心理的な要因は心理的な不安を取り除く治療になります。
舌痛症を薬で治療の場合は抗うつ剤がもっとも多く使われます。薬の処方には医師とよく相談して治療を進めることも大切です。
漢 方
舌痛症で漢方薬を利用して改善していく方法についての解説になります。漢方薬は長期にわたり服用していくことが大切になります。
舌痛症が治った
舌痛症が完全に症状がなくなり治ったという方は現状では少ないと言えます。専門医の統計でも症状の改善やあまり気にならなくなったとの意見が多く、完全に良くなった方は少ないようです。
何科
舌痛症を病院で診察を受ける場合には何科で診察してもらえばよいか迷いますね。舌痛症に詳しくない病院では適切な診断を受けられない場合もありますので注意が必要です。
専門医
舌痛症の専門医はなかなか見つからないのが現状です。実際には専門医ではなく外来として診察の対応をしてくれている病院がほとんどです。
歯科治療
舌痛症は歯科治療が原因で発症するケースもありますので原因を特定するためにも治療内容などを再度検証してみる必要があるかもしれません。
東洋医学
東洋医学では、舌痛症にもちゃんと原因もあれば治療法もあると言われていますので、西洋医学的に原因不明で心療内科に回されたことに納得が行かない場合には東洋医学の専門家の門を叩いてみるのも一つの手段です。
対処療法
舌痛症の原因療法は無く、対症療法(対処療法)も治療する医師によってかなりマチマチです。 科学的な有用性が証明されているのは認知行動療法だけですが、精神科の範疇になります。
検査方法
舌痛症自体がまだ解明されていないので、舌痛症かどうかの検査方法は、他の該当する病気の可能性を排除していくという検査方法になります。 主に血液検査と舌の粘膜などを採取して培養する培養検査になります。
治療でガイドライン
舌痛症の治療ガイドラインは存在しません。 対症療法があるだけで、現段階で有用性があると認められているのは認知行動療法です。 薬剤は効果がまちまちで、科学的根拠は十分ではありません。
副作用で発症
舌痛症が薬の副作用で起こるというケースがあります。 口の中が乾燥することで舌痛症が起こっている場合には、口の中が乾燥しやすくなるような薬の副作用である場合があります。
薬のメコバラミン
舌痛症に末梢神経障害のための薬であるメコバラミンが効果があるのではという意見があるようです。 ただ、メコバラミンはビタミンB12の補給目的の薬ですから、強力な作用があるわけではありません。
市販薬
舌痛症は心身症の一つとも言われていますが、これといった異常がないのに痛みを感じる病気ですから、自分で市販薬などには頼らないよう、口腔内科や口腔外科の専門医が注意を呼びかけています。