舌痛症はストレスが要因

スポンサードリンク

舌痛症はストレスに気をつけましょう。

舌痛症は神経質な人や几帳面な人がなりやすいと
言われますが、ストレスや緊張が痛みを増加させる
場合もあり心理的な要因が指摘されています。

 

 

また、ストレスを感じると口の中の唾液量が減って
乾燥し、舌の表面が傷つきやすくなるということも
あります。

 

 

乾燥した口腔内は刺激を受けやすくなりますので
痛みも感じやすくなり、神経回路の混線を招き
やすいという危険性もありますね。

 

 

舌痛症は舌の痛みを訴えているのに食事は普通に
摂れるということで気のせいだと一蹴されていた時代
もありますが、食事中は唾液の分泌も増えますし、
食物の水分もありますので痛みが感じにくいのも
当然ですね。

 

 

 

 

口の中が空になって唾液量が減ると痛みを生じる
のが舌痛症の特徴です。

 

 

精神的なストレスと唾液や舌との関係は、思って
いる以上に密接なのです。

 

 

きちんとした舌痛症治療の専門家は、まず丁寧な
カウンセリングから始まります。

 

どういった経緯で痛みが出たのか、どんな時に痛み
をより感じるのかといった部分をきいて、性格や生活
環境も含めて要因を探ります。

 

 

欧米でもまったく同じ報告がなされていますが、日本の
学会でも舌痛症患者は真面目、頑張り屋、一生懸命、
時に融通がきかない、頑固、といった性格の人が圧倒的
に多いそうです。

 

 

知らずにストレスをためているタイプの人がかかりやすい
病気なのかもしれませんね。

 

 

専門医が処方するのはストレスを軽減する抗不安薬や
抗うつ薬、漢方薬などです。

 

 

自分で自分を楽にさせてあげることを意識するよう
アドバイスを受けることもあるようですね。

 

 

舌痛症は40代60代の女性が多いそうですから、家族の
いたわりも望みたいところですね。

スポンサードリンク

舌痛症はストレスが引き金になる関連ページ

原 因
舌痛症の原因ははっきりしないことが多く、治療も効果的に受けられないことも多いようです。舌に病変が認められない場合も多くあります。
症 状
舌痛症の症状は舌がヒリヒリ、ピリピリなどやけどの感覚がするものや歯が擦れて痛い、しびれるといった症状があります。
治し方
舌痛症の治し方は人それぞれ違った対処方法があり、これといったはっきりした治療方法が確立されておらず、治りにくい側面もあります。
味覚異常
舌痛症で味覚異常の症状がある方は亜鉛が欠乏している場合があります。亜鉛欠乏症は更年期障害の女性にも多く見られる症状です。適切な亜鉛を補給して改善する可能性が高くなります。
更年期
舌痛症は更年期と関係があると言う説もありますが実際には判っていません。更年期障害も40、50代が多いことから舌痛症が多く発症する年齢と重なる部分があります。
心理的要素
舌痛症の原因は心理的な要素だと決め付けていた部分も過去にはありました。メカニズムや要因が不明のためにそのようなことを言われた歴史もあります。
神経回路
舌痛症の原因はまだ未解明ですが、近年は神経回路の障害で、いわゆる神経痛に近いという説が有力になりつつあります。 確実に誰もが治る段階にはまだないようですが、薬物治療も進められています。