舌痛症の心理的要素

スポンサードリンク

舌痛症で心理的要素が原因の理由

舌痛症のメカニズムや要因が不明なために、心理的要素だと決めつけてきた
歴史もあります。

 

でもこれは、乱暴に言ってしまうと「わからないから気のせいでは」と言って
いるのと同義語とも取れます。

 

見た目や血液検査、レントゲン検査でも異常は見当たらないので気のせいだと
いうのも随分な話ですね。

 

さすがに最近では一種の神経痛に近い病気であり、何らかの痛みの伝達回路に
障害が起きているというように捉えられるようになってきました。
それでも、まったく解明はされていません。

 

痛みが起きるためにがんではないかと不安になる人もいます。

 

がんを心配するから痛みが起きるのだという人もいるようですが、
そんな「病は気から」のような精神では治療は出来ないでしょうね。

 

ただ、痛み回線の混乱という意味では神経の異常であることはほぼ見当が付く
ようです。
神経の異常は心理的要素とは別物ですので混同しないようにしましょう。

 

本来なら痛みの原因が起きた時に電気信号が起こって原因を除去するよう指令
が出るのですが、原因もないのに電気を起こしている存在があるということです。

 

信号が正常な時にはまったく普通にしていられるのに、一旦スイッチが入ると
痛みが発信され続けるわけですから、波もありますし捉えるのが難しい症状で
はあります。

 

抗うつ剤で舌痛症に効果があるとする研究もありますが、脳が痛みの電気信号
を送る回路をリセットする作用が予測されます。

 

もともと抗うつ剤は脳神経系のバランスを取るための薬剤なわけですから、
その通りの作用ですね。

 

ただ、抗うつ剤を飲むと治るから精神的な病気だという短絡的な理解はしない
でくださいね。

スポンサードリンク

舌痛症は心理的要素が高いと決めつけていませんか?関連ページ

原 因
舌痛症の原因ははっきりしないことが多く、治療も効果的に受けられないことも多いようです。舌に病変が認められない場合も多くあります。
症 状
舌痛症の症状は舌がヒリヒリ、ピリピリなどやけどの感覚がするものや歯が擦れて痛い、しびれるといった症状があります。
ストレス
舌痛症はストレス要因が引き金で発症する場合があります。ストレスや緊張でより一層痛みが増加する場合もあります。
治し方
舌痛症の治し方は人それぞれ違った対処方法があり、これといったはっきりした治療方法が確立されておらず、治りにくい側面もあります。
味覚異常
舌痛症で味覚異常の症状がある方は亜鉛が欠乏している場合があります。亜鉛欠乏症は更年期障害の女性にも多く見られる症状です。適切な亜鉛を補給して改善する可能性が高くなります。
更年期
舌痛症は更年期と関係があると言う説もありますが実際には判っていません。更年期障害も40、50代が多いことから舌痛症が多く発症する年齢と重なる部分があります。
神経回路
舌痛症の原因はまだ未解明ですが、近年は神経回路の障害で、いわゆる神経痛に近いという説が有力になりつつあります。 確実に誰もが治る段階にはまだないようですが、薬物治療も進められています。