舌痛症は年齢が原因なのか

スポンサードリンク

舌痛症で更年期との関係とは

舌痛症というとらえどころのない病気がありますが、更年期障害との関わりを
疑う説もあります。

 

更年期障害もまた、一人ひとりの症状が異なり、始まる年齢も重さも終わる年
齢も不明のとらえどころのない症状ですが、舌痛症の多い年齢が40代から50代
と更年期と重なる人が多く、しかももともと舌痛症自体、女性に圧倒的に多い

症状だというところから疑いがかかっています。

 

ただ、中には更年期とはまったく関連ないという専門家もいて、実態はつかめ
ていません。

 

舌痛症は舌の神経痛、不定愁訴と言われ、治りにくいけれど命に別状はなく、
特に心配する必要もないと言われています。
でも更年期障害もそうですが、不調を感じる人にとっては大きな問題ですよね。

 

病院を訪れてはこれといった解決法を持たずに帰る患者も多く、ここ数年で
困った病気に挙がっています。

 

患者数が増えたことで、前までは入れ歯が悪い、矯正器具が悪いと言われてき
たものが必ずしも正しくはなく、物理的な痛みですらないという判断がされる
ようになってきました。

 

ただ、確かに歯の治療に使った金属にアレルギー反応を起こしている人もいます。
症状が同じでもひとつひとつ実態は異なるというのが舌の痛みなのです。

 

もう一つ言えるのは、自分ががんではないかと疑うがん恐怖症の人が舌痛症に
多く、自分の舌を鏡で眺めては恐怖したり、家庭の医学で舌がんを見ては異常
に気にしたりする人も多いと言います。

 

舌はじっくり見るとけっこう不気味なものですし、医師ががんではないと診断
しているならそれ以上疑う必要はないでしょう。
思い込みで病気を呼んでは意味がありませんよ。

スポンサードリンク

舌痛症と更年期の関連性関連ページ

原 因
舌痛症の原因ははっきりしないことが多く、治療も効果的に受けられないことも多いようです。舌に病変が認められない場合も多くあります。
症 状
舌痛症の症状は舌がヒリヒリ、ピリピリなどやけどの感覚がするものや歯が擦れて痛い、しびれるといった症状があります。
ストレス
舌痛症はストレス要因が引き金で発症する場合があります。ストレスや緊張でより一層痛みが増加する場合もあります。
治し方
舌痛症の治し方は人それぞれ違った対処方法があり、これといったはっきりした治療方法が確立されておらず、治りにくい側面もあります。
味覚異常
舌痛症で味覚異常の症状がある方は亜鉛が欠乏している場合があります。亜鉛欠乏症は更年期障害の女性にも多く見られる症状です。適切な亜鉛を補給して改善する可能性が高くなります。
心理的要素
舌痛症の原因は心理的な要素だと決め付けていた部分も過去にはありました。メカニズムや要因が不明のためにそのようなことを言われた歴史もあります。
神経回路
舌痛症の原因はまだ未解明ですが、近年は神経回路の障害で、いわゆる神経痛に近いという説が有力になりつつあります。 確実に誰もが治る段階にはまだないようですが、薬物治療も進められています。